pros and cons about New Zealand Working holiday


ニュージーランドから帰国しました〜バタバタ最後までちょっとだけ仕事をしたり、っていう感じで記事にあげきれていないことがいっぱい。何より日本に帰ってきて友達にあっては食べあっては食べ。今日はちょっとゆっくり振り返ろうかな?という。個人的にワーホリに関するご質問をいただくので、詳しく書いていきます〜自分の為にもです。

概要

ニュージーランドのWellington、Auckland半年ずつ、計1年間いました。2つの都市を比較すると、Wellingtonはかなり小さい首都、風が強すぎる、きている人もかなり勉学にやる気のあるイメージ、あんまりよく知らないですが、IT系?が盛んな町らしくサウスアメリカのひとはそういう学歴や、経歴を持ってWellingtonにきているひとが多かった、Aucklandは国際的な開かれたニュージーランドで一番大きい都市、だいぶモルティーカルチャーでシティには正直いうと、アジア人が半分、体感的にはもっと多く感じます。なぜなら主要な交通機関には車を持っていないひとが多くいるからです。Wellingtonにいたときに、日本人の会話が街中では耳にはいりませんでしたが、Aucklandではよくあります。同じ国でもかなり外国人や、マオリ、白人など、人数比は違うように感じられました。

4ヶ月間の語学学校、1ヶ月半と引っ越しと職探し、半年間を仕事をする構成でした。

個人的な英語のレベルは大学受験経験程度の、文法知識と単語知識、TOEIC700弱。英語にはほとんど興味がない。がまわりには話せるひとや留学経験がある人がほぼ。というなぜ自分は興味がわかなかったのか?笑という環境にいました。ちなみに大学は商学部商学科。話せませんし行った直後はセカンドランゲージ話者が話しているのもほぼわかりませんでした。学校での最初のテストで何人家族ですか?と問われたときに「