自分でちゃんと使ってるおすすめ

#ファボされた数だけ自分でちゃんと使ってるおすすめ という、ツイッターの最近のタグが大好きだったのと、メイクアップやなにかを紹介する記事が圧倒的に人気みたいなのでかいてみる〜ファボされてないけどね。わたしはニュージにきてからかなりミニマムに生きているし、数少ないものしか持ってきてないけど大事なものたちを紹介します。

 

 

1.JILL STUARTの香水

 

 

 よく人になにつけてるの?って訊かれることが多い香り。かなり甘ったるくてバニラ。ここ2年くらいはずっとこれ。ミドル〜ラストにかけてはバニラっぽい匂いがすこし消えて、上品な匂いになるところがお気に入り。いつもはロールオンタイプを使っていて、周りにとばずに香水をどこでもつけれたのでそっちをよく使っていました。いまはこっちにいるので、切らさないように、大きいものを使ってます。男ウケかはわからないけど、甘い匂いすき派のウケは最高。

 

 

2.Cetaphil

 紹介されて使ってみたら、メイクがあまりにもするっと落ちるし、保湿はしっかりできてとてもよかったので購入。いまのところ肌の調子がいままでで1番。シンプルな保湿ケア。スキンクレンザーは泡立ての必要なし。ローションタイプですぐ顔洗えて便利。マスカラもするっと落ちる。そのあとに、乳液代わりに左のモイスチャライザーをつけています。ニベアとかの匂い、ひとりでいるぶんにはいいんだけど、だれかといるときとかちょっと直したい時邪魔になるので、無香料なのもグッド。わたしは、全身に塗っています。ヒップとかももっちりする。最近仕事をはじめて手が荒れ気味(ほんとうに普段ハンドクリーム必要ないほどの肌)これをつけるとかなり落ち着きます。値段も1000円しないくらい。高コスパ。日本では通販やコストコで手に入るみたい。

 

ちなみに生まれてから、自分がなんのタイプの肌だったかあんまり知らなかったけど混合肌みたい。(乾燥してるとはしらなかった、してないけど)

 

3. M.A.C チーク ウォームソウル

 

 

 

 

1年前BAさんにすすめられて買ったチーク。ピンクベージュのカラー。かなり定番みたいで、イエベ秋のわたしが使うとかなり、チークレスな印象に。でも顔に縦長にいれるとシェーディングっぽくもなってしまる。このシマーな輝きがすごく肌を綺麗にみせてくれる。アイメイクや眉毛が重点になるわたしのメイクだとこのくらい控えめなカラーが本当にぴったり。肌が白いひとでもシェーディングとしても使いやすいみたいでおすすめ。通年で使ってます。

 

4.Rainbow Sandals

 

 

1年中履いてるこの大好きなRainbow sandal!ビーサンに1万も出すという決意をしてもうすぐ2年。買ってよかった。最初はほんとうにいろんなところから血が出る。(レザーなのでのびる前で痛い)でも、自分の足にフィットしてからは何にも変えれない履きやすさ。わたしは、かなりの距離をこのビーサンで悠々と歩ける。本当に足にフィットして馴染むし何より、何回も捨てたりするビーサンを、ずっと履けるものにしようとしてブランドが作られたヒストリーがすき。いまはフェイクレザーやなんでも動物を守るために大事なことがある時代だけど、もしこういう素敵なものと命の引き換えに出会ったら、しっかり大事に履いてあげることがいちばんだと思う。デニムとあわせてもラフになりすぎないので重宝。東京にも5月からビーサンで進出してました。ただ、海に入ると、なかなか、かわかないのが難点だけど。経年変化もみてて楽しいです。

 

 

 

 

レザーとか無視でガシガシ履いて、自分のものにしていく感じがいい。もう一足欲しいくらい。

 

6.Aesop Reviving body gel

 日焼け大好き!テキトーに日焼け止め塗ってレッツゴーということが多い。その結果こっちでは、片方の肩だけ〜とか、お腹だけ真っ赤〜とかなったりして。そのたびにこのアロエベラのようなAesopを塗ってた。まず香りがいい。これを1日2日つけておくと、剥けたりしないでちゃんと、赤みが引くの。保湿されてるけど、そんなにべたつかないからちょっと肌に塗ってTシャツ着ちゃえばオッケー。なんども助けられた名品。

 

 

7. burberry エフォートレス アイブロウディファイナー – アッシュブラウン

 

 

店員さんにおされすぎて買ってしまったアイブロウライナー。3000円でいつもは200円のそのへんのペンシルでかいていたので書きやすさに圧倒された。ほどよく柔らかくて濃くも薄くもかける。何より絶妙なカラーバリエーション。眉毛が浮きやすいひとに必見の、ナチュラルなカラーバリエーション。かなり自眉っぽくナチュラルにかける。横浜のがいとも簡単に閉店してしまったのでショックが大きい。また絶対に買いたい。

 

 

8.世界一美しい食べ方のマナー 小倉朋子

 

 

食べるのがすきだけど、マナーを知ってるのか?ということに疑問になったので、買った1冊。

絵付きで詳細にかかれているので辞書のような形で家においてある。

りやすいし、マナーだけでなく感謝する気持ちを前に置いていることがいい。

実際マナーと言われてることは曖昧にしてしまってる部分が多いのでじぶんの中で再確認する。という意味でもとてもおすすめ。

 

9.本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる 横田真由子

 

 人生の生き方についてかと思いきや、服断捨離系のミニマムリッチなお話でしたが、物を選ぶ時の基準や自分に似合う似合わないなどの価値観に大きく影響を与えた一冊。物のえらび方にセンスがあって、自分も享受できそう。20代前半から、このような本の通りに生きなくてもいいと思うけど、物に溢れた生活をするより上質に生きていくということに重きをおきたいということを感じた一冊でした。

 

10.スープストック/おだしストック トーキョー

 

 

 

 

半年間ほどダイエットしていた時によく食べていたスープストックTokyo。勝手に「スープダイエット」と名付けてスープを食べまくるダイエットをしていました。マイナス4kgくらいかな。じわじわ落としたので今も変わってません。もう2年くらい前だけど。スープ+フォカッチャで頼むと、500カロリー前後だったので、低カロリーで栄養のあるものを食べたいと思った時にお金を払ってよくいってた。安くはないので、ほかの間食を我慢する気になれててよかったな。ちなみに、スープ+ライス+小さいカレーメニューっていうのが書いてないけどお得な値段でできておすすめ。スープだけじゃ物足りないって日に。あとは品川にあるおだしtokyo。出てくるのは早いけど、ゆっくりと食べれるし、なにより美味しい。和食を手軽に食べたいときに。スープダイエットは炭水化物を少なめにして、スープに野菜などがはいってるものを選んで食べてた。カロリーが低いしあったかいので健康に良かった。もちろんヨガいったり、走ったり運動もしてたけど。

 

あとこのセブンイレブンで売ってた8種具材の野菜が摂れる餃子スープもよかった。かなりゴロゴロ具がはいっていて、カロリーも264くらいで食べ応えあってよく買ってた。何より300円。コンビニご飯でこれは高い(からあげくんが210円かってなる)けど、ランチによく食べてたな〜。いまはあるのかわからないけど似たような商品があるみたい。


 

 

 

 


http://healthcare.itmedia.co.jp/hc/articles/1510/09/news005.html

昔見て納得した記事。わたしが書いた?みたいな感じ。よかったら。

 

 

 

以上簡単にいろんなもののご紹介をしましたが、参考になったらうれしいです。コメントのレスポンスは基本的にはやいしよく記事にもしたりするのでぜひご気軽に。ちょ〜〜自己満だったけど、たのしかった。またね〜

 

 

Kinami

 

 

Please reload

Archive

Please reload

Category